ここから本文です

Yahoo!カーナビでは「プローブによる渋滞情報のリッチ化」と「安全運転支援の強化」に取り組みます

[お知らせ]  2015年3月11日

いつもYahoo!カーナビをご利用いただき、ありがとうございます。
本日、第6回 国際自動車通信技術展(略称:ATTT)において、Yahoo!カーナビで今後展開する2つの新機能について発表しました。

《2つの新機能》
プローブ情報の追加による、さらに高品質な渋滞情報の提供 (2015年4月公開予定)
■ 三井住友海上火災保険株式会社との協業による、安全運転支援機能・事故多発地点情報の追加 (2015年夏公開予定)

↓「Yahoo!カーナビ」アプリをダウンロード↓

プローブ情報、はじめます!

Yahoo!カーナビの渋滞情報において、すでに提供している「VICS情報」に加え、新たに「プローブ情報」に対応します。(2015年4月公開予定)
※プローブ情報とは、「Yahoo!カーナビ」利用者がアプリを起動して実際に走行した情報です。


※開発中のイメージ画像です

渋滞情報のわかる道路が約5倍に
今回の対応により、Yahoo!カーナビで渋滞情報を表示する道路が、従来のVICS情報だけの場合と比べて、およそ5倍にあたる約85万kmに延長されます。



東京23区はもちろん、特に地方において、渋滞情報の対象道路が格段に広がります。





毎日地球34周分のリアルタイム渋滞情報
プローブ情報は、地球34周分にあたる約136万km/日の走行ログがベースとなります。このリアルタイム情報に加え、累計約2億kmに及ぶ過去の走行ログを解析した統計情報も合わせて活用されます。



これらのプローブ情報と、従来からのVICS情報を組み合わせることで、Yahoo!カーナビは、より広範囲で高密度に、リアルタイム性の高い渋滞情報を提供していきます。


※開発中のイメージ画像です

安全運転支援をさらに強化!

Yahoo!カーナビは、公開当初より「安心安全ドライブサポート」を掲げたキャンペーンを行ってまいりましたが、このたび三井住友海上火災保険株式会社との協業により、安全運転支援を今まで以上に強化していきます。(2015年夏公開予定)

《安全運転支援の強化ポイント》
運転力診断機能の追加
事故多発地点情報の充実

運転力診断で、運転傾向を把握
三井住友海上火災保険株式会社のスマートフォンアプリ「スマ保『運転力』診断」と連携し、運転傾向の診断ができるようになります。ご自身の運転のクセを正しく認識することで、安全運転への意識がさらに高まります。


※開発中のイメージ画像です

事故多発地点情報も充実
Yahoo!カーナビでは現在、交通事故総合分析センター(ITARDA)が提供する「交通事故多発箇所データ」を地図上に表示しています。
今回、三井住友海上火災保険株式会社の保有する事故多発地点のデータをYahoo!カーナビに新たに追加することで、より多くの事故多発地点情報を表示できるようになります。


※開発中のイメージ画像です


ATTTアワード「ナビゲーション部門優秀賞」を受賞!

最後にうれしいお知らせです!
このたび、ATTTに併せて実施される第6回 ATTTアワードで、Yahoo!カーナビが「ナビゲーション部門優秀賞」を受賞しました!
「ATTTアワード」とは?(外部サイト)


このように素晴らしい賞を受賞できたのは、多くのユーザーのみなさまにご支援いただけたおかげです。本当にありがとうございました。

今後もより多くのドライバーのみなさまに、快適で安心安全なドライブサポートができるよう、改善をすすめてまいります。引き続き「Yahoo!カーナビ」をよろしくお願いいたします。

↓「Yahoo!カーナビ」アプリをダウンロード↓


Yahoo!カーナビについてのご意見・ご質問はTwitterFacebookまでお寄せください。

■おすすめの記事
■Yahoo!地図ブログ

※実際の交通ルールに従って運転してください。
※運転中の操作および画面注視は大変危険ですのでおやめください。
※必ず安全な場所に停止してから操作および画面を注視してください。
※このページには外部サイトへのリンクが含まれています。

※アプリケーションはiPhone、iPadでご利用いただけます。
※Apple、Appleのロゴ、App Store、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
※iPhone、iPadはApple Inc.の商標です。
※iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
※Copyright (C) 2015 Apple Inc. All rights reserved.
※アプリケーションはAndroidでご利用いただけます。
※Android、Androidロゴ、Google Play、Google PlayロゴはGoogle Inc.の商標または登録商標です。

※スマートフォンでバーコードを読み取るには、専用のアプリケーションが必要です。→バーコードの読み取り方