ここから本文です

年末年始の帰省渋滞 Yahoo!カーナビで賢く乗り切ろう

[便利帳]  2014年12月26日


今年も残すところあとわずかですね。年末年始の帰省ラッシュでは各地で多くの渋滞発生が予想されます。そこで今回は、この渋滞を少しでも快適に過ごすため、Yahoo!カーナビでできる便利機能を一挙にご紹介します。

渋滞状況を把握

最新機能の「高速渋滞マップ」は、現在の渋滞状況や交通規制情報がすぐに見られます。

「高速渋滞マップ」左から渋滞状況、チェーン規制

高速道路の渋滞・規制情報に特化した見やすいデザインで広い範囲をを見渡せるので、「今は直近の高速が混んでるから一つ先のICから乗ろう」「この先チェーン規制が出てるから迂回して行こう」といった判断の目安になります。

また通常の地図画面では、高速だけでなく主な一般道の渋滞や規制状況も確認できます。

通常の地図画面(渋滞状況)

もちろんルート案内時には、渋滞している箇所を迂回したナビゲーションをしてくれます。Yahoo!カーナビなら、運転中だけでなく出発前の事前チェックや、休憩で車を降りた時にも手元のスマホでさっと渋滞状況を確認できます。

事前準備はしっかりと

高速に乗り、一度渋滞にはまってしまうと身動きがとれません。また高速の渋滞でやむなく一般道に降りたときなど、慣れない土地でのコンビニやトイレ探しなど本当に困ってしまいますよね。

Yahoo!カーナビならドライブに欠かせない近くの施設が簡単にわかります。どの施設も、地図上のピンやリスト一覧、施設詳細などがスマホならではの直感的な操作でご覧いただけます。その一部をご紹介していきましょう。

今すぐ探したい!近くの「コンビニ」や「トイレ」を一発検索


ちょっと休憩「レストラン」や「日帰り温泉」、営業時間もわかります


普段使いにも超便利!「ガソリン価格」や「駐車場の満空情報」も


おトクがうれしい「JAF優待施設」をはじめ、豊富なジャンルは全142種類


また車載型カーナビでは少し面倒なキーワード検索も、スマホならではのサクサク操作で目的のスポットを簡単に探せます。もちろん電話番号検索にも対応しています。

高速走行中も欲しい情報がすぐわかる

高速走行モードでは、この先のSA・PA・ICまでの所要時間や、コンビニなどSA・PA内の施設がアイコンでわかります。また渋滞箇所は中央の縦ラインが赤色で表示され、事前に「およそ○キロ先、2キロ以上の渋滞が発生しています。」等の音声案内をしてくれます。次の休憩をとる際の目安となります。


画面の大きなタブレットなら地図と並べて表示されるので、車載型カーナビに慣れた方にもより安心してお使いいただけます。



渋滞の原因はもしかして自分!?


さてこの高速道路の渋滞ですが、いったいなぜこんなに渋滞するのでしょう。もちろん交通量の増加もありますが、いつも大規模な渋滞は同じ場所で発生しています。

原因はいくつかありますが、中でも一番多い原因は「サグ部」であるといわれています。
「サグ部」とは、緩やかな下り坂のあとに緩やかな上り坂があるV字形状となっている底の部分のところです。上り坂に運転手が気づきにくいため、速度低下につながり渋滞を引き起こすとされています。

サグ部が原因で渋滞しやすい場所をいくつかご紹介します。いずれも渋滞の名所です。

ほかにも主な原因として、インターチェンジやジャンクションの合流地点があります。

ときには「渋滞の先頭が見てみたい」なんて思うことがあるかもしれません。しかしこういったサグ部や合流地点でのちょっとしたブレーキ、無意識の速度低下などで渋滞は発生します。実は「渋滞の先頭は自分だった」なんて可能性もあります。

交通量の増える年末年始は、普段渋滞が発生しない場所で予期せぬ渋滞が起こることもよくあります。お出かけの際には、時間に余裕を持って出発し、走行中は一定の車間距離や速度を保って、安全運転を心がけてください。

今後とも「Yahoo!カーナビ」をよろしくお願いいたします。
(文:浅井)

↓年末年始のドライブでYahoo!カーナビを使おう↓
Yahoo!カーナビについてのご意見・ご質問はTwitterFacebookまでお寄せください。

■おすすめの記事
■Yahoo!地図ブログ 過去の記事一覧
■Yahoo!カーナビをお使いになる時は安全のため車載ホルダーをご利用ください

※実際の交通ルールに従って運転してください。
※運転中の操作および画面注視は大変危険ですのでおやめください。
※必ず安全な場所に停止してから操作および画面を注視してください。

※アプリケーションはiPhone、iPadでご利用いただけます。
※Apple、Appleのロゴ、App Store、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
※iPhone、iPadはApple Inc.の商標です。
※iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
※Copyright (C) 2014 Apple Inc. All rights reserved.
※アプリケーションはAndroidでご利用いただけます。
※Android、Androidロゴ、Google Play、Google PlayロゴはGoogle Inc.の商標または登録商標です。

※スマートフォンでバーコードを読み取るには、専用のアプリケーションが必要です。→バーコードの読み取り方