ここから本文です

【iPhone版】ウィジェットで、いつでも簡単に「Yahoo!地図」雨雲レーダーを確認

[便利帳]  2014年10月29日


iPhone版「Yahoo!地図」アプリの雨雲レーダーが、通知センターにウィジェットとして表示できるようになりました! 他のアプリを立ち上げている時や、ロック画面のままでも、ウィジェットに登録しておけばいつでも簡単に現在地周辺の雨雲を確認できます。

■そもそもウィジェットってなに?
ウィジェットとは、iOS8から利用できるようになった新機能で、アプリを立ち上げなくても特定の機能を簡単に利用できるものです。Androidではホーム画面に設置しますが、iOSは通知センターの中に存在し、表示の有無や順番は好きなようにカスタマイズできます。

まずは「Yahoo!地図」アプリをダウンロード!

ウィジェットを設定するには

画面上部(時計の表示あたり)から下へスワイプして通知センターを表示します。通知センターはどのようなアプリを使っている場合でも表示できます。

設定は簡単
  1. 画面上部を下へスワイプし、通知センターを表示します。
  2. 「今日」が選択されていることを確認し、下部の「編集」をタップします。

※ウィジェットの「編集」はロック画面からできません。ロックを解除してから通知センターを表示し、編集してください。

「Yahoo!地図」を選択します
  1. ウィジェットに表示できるアプリ一覧から「Y!地図 雨雲レーダー(Yahoo!地図)」を選択します。(緑の+ボタンをタップ)
  2. 右上の「完了」をタップしたら設定完了です。



雨雲レーダーが表示されました!

通知センターに「Yahoo!地図」の雨雲レーダーが表示されました。地図をタップすると雨雲レーダーを表示した状態で「Yahoo!地図」アプリが起動します。


便利なウィジェットを活用しよう

iOS8から追加されたウィジェットには、「Yahoo!地図」アプリ以外に、「Yahoo! JAPAN」、「通勤タイマー」、「Yahoo!天気」などがあります。


これらのウィジェットを活用すると、iPhoneがぐんと便利になりますね。ぜひおためしください。
(文:田中)


まずは「Yahoo!地図」アプリをダウンロード!

【関連ブログ】
【Android版】ルートもカレンダーに登録できるようになりました!
「高解像度降水ナウキャスト」に、Yahoo!地図がいち早く対応!
【iPhone版】お待たせしました! 雨雲レーダーのプッシュ通知を追加


■Yahoo!地図ブログ 過去の記事一覧
http://blog.map.yahoo.co.jp/archives.html


※アプリケーションはiPhone、iPad、iPod touchでご利用いただけます。
※Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
※iPhone、iPad、iPod touchはApple Inc.の商標です。
※iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
※Copyright (C) 2014 Apple Inc. All rights reserved.

Yahoo!地図についてのご意見・ご質問はTwitterFacebookまでお寄せください。