ここから本文です

地図屋的? 大河ドラマ「軍師官兵衛」の楽しみ方

[紀行・たび日記]  2014年1月17日

恒例となりましたYahoo!地図のNHK大河ドラマ対応。
毎年大河ドラマに関連してオープンする施設などを掲載していますが、今年も大河ドラマ「軍師官兵衛」の主役「黒田官兵衛」ゆかりの地、姫路と中津にオープンした資料館やドラマ館を掲載しました。

黒田官兵衛資料館(大分県中津市) 1月19日オープン
(クリックするとYahoo!地図にジャンプします)

初代城主として黒田官兵衛が築城した中津城内にあります。

ひめじの黒田官兵衛大河ドラマ館
官兵衛の歴史館(兵庫県姫路市) 1月12日オープン


大河ドラマの舞台 官兵衛の生まれ育った姫路を訪ねる

まずは姫路城へ。姫路城では改修中の大天守にかわり「しろまるひめ」とお城の看板がお出迎えしてくれました。

姫路城三の丸広場


別名白鷺城と呼ばれ美しい姿を誇る姫路城は現在、"平成の大修理"のため素屋根に覆われています。工事中の大天守をまぢかに見学できる施設「天空の白鷺」は1月15日で閉館となり、素屋根が撤去されるのはことし8月ころ。 大修理が完了し、ふたたびお城の内部が一般公開されるのは2015年3月27日となるようです。

ひめじの黒田官兵衛大河ドラマ館


オープン初日は大河ドラマ主演の岡田准一さんがかけつけ、たいへんな人出だったようですが、翌日は20~30分待ちで館内にはいれました。
ここでは官兵衛ゆかりの地や、ロケ地の情報、歴史的背景などの情報を見ることができます。姫路城やゆかりの地をまわる際には、いっそう理解が深まり、見所も見逃さなくてすみますよ。


ドラマ館前のステージには「しろまるひめ」と黒田官兵衛イメージキャラクター「かんべえくん」がそろって登場。ラッキー!

ひめじの黒田官兵衛大河ドラマ館前ステージ


「しろまるひめ」「かんべえくん」のことをもっと知りたい人は、公式ウエブサイトをチェックしてみてくださいね。


ゆかりの地、ロケ地探訪へ!

官兵衛が生まれたのは姫路城ですが、ドラマを見ると当時は砦のようなお城だったようです。現在の姫路城にも官兵衛が普請(ぶしん)した石垣や、キリシタンだった官兵衛ゆかりの瓦と言われている「十字紋瓦」が残されており、見逃せないポイントです。

にの門櫓の十字紋瓦 地図はこちら:http://yahoo.jp/ETSwxg 


第一回の放送で天空の城「竹田城跡」が登場!

軍師官兵衛、1月5日の第一回放送は見どころいっぱいでした。"天空の城"や"日本のマチュピチュ"と呼ばれる「竹田城跡」が出てきたことに気がつきましたか? 秀吉の「小田原攻め」で石垣山の一夜城本営のシーンとして使われていました。

竹田城跡の石垣 地図はこちら:http://yahoo.jp/WMIggU


雲海に浮かぶ竹田城跡を写真で見たことがある方も多いと思いますが、あの風景はどこから撮影されているのかご存じですか? 竹田城跡から南南東約2キロメートルにある立雲峡と、西北2.9キロメートルにある藤和峠が撮影スポットとなっています。
どちらから撮影された写真かを見分ける方法は、天守跡(一番高いところ)が左右どちらに写っているかで判断でき、天守跡が向かって左側に写る立雲峡からの撮影が多いようです。

竹田城跡撮影スポット藤和峠と立雲峡(クリックするとYahoo!地図にジャンプします)


竹田城跡についての情報は以下のウエブサイトをご覧ください。

黒田家のルーツ「広峯神社」

大河ドラマ第一回放送では「どこにあるのだろう」と、地図屋的に探したくなる場所がたくさん出てきました。そのひとつに黒田家の発展にかかわった広峯明神(広峯神社)があります。
このシーンを含めた多くのシーンに地元のエキストラが多数出演していることもドラマ館の映像で紹介していました。

広峯神社 地図はこちら:http://yahoo.jp/dL875B


寒い日には播州名物の"にゅうめん&姫路おでん"が最高!

大河ドラマゆかりの地をめいっぱい楽しんだあとは、生姜しょうゆで食べる「姫路おでん」や手延そうめん揖保乃糸を使った「にゅうめん」を食べて暖まりましょう。 姫路おでんは喫茶店やお好み焼きや屋さんでも定番メニューとして出されています。

よそではなかなかお目にかかれない「にゅうめんセット」をいただきました。おいしかった!

ドラマ館付近のお店外観とランチのにゅうめんセット



ぜひYahoo!地図を見て大河ドラマゆかりの地を訪問してください。きっとドラマを近く感じることができると思います。
(文責:東)


【おすすめの記事】


Yahoo!地図についてのご意見・ご質問はTwitterFacebookまでお寄せください。